越後の花吹雪 刃物問屋という仕事

有限会社マルワ工器のブログです。商品の事、仕事の事、趣味の事、独り言を不定期に書き込みます。

2019-04-04 09:04

テーマ: その他

修理 岡恒刈込鋏 柄の交換

今回は岡恒さんの刈込鋏の柄の交換です

 

岡恒さんの刈込は普通のピンではなく、リベットでカシメてあるので

まずはグラインダー等でカシメを落とすところから始めます

 

ディスクグラインダーでリベットを落として

オリジナル治具とピンポンチでピンを打ち抜き

柄を外しました

 

桂をセットして木槌を使って柄を仕込みます

柄を片手で持ちながら木槌で底を打ち込みいれます(木工屋さん直伝のやりかたです)

柄をきっちり(桂で固定されるまで)と仕込んだら

鋏のコミの穴の開いていない場所に印を付けます

※最初にピンが入っていた場所ではない場所です

 

 

そして卓上ボール盤で打ち込む純正ピンと同軸サイズの穴をドリルで開けます

この時にセンターを外すと見た目も、性能も悪くなるので

きっちりセンターに穴を開けます

 

その後ピンを入れて終了です

(岡恒さんの修理用ピンはオスとメスがあり、表からメス側を打ち込み

裏からオス側を打ち込むと中で広がって固定される仕組みです)

 

慣れと道具が無いと綺麗には仕込めません

当社での修理ご希望の方は販売店様経由で受付可能です

電動バリカンの修理や刃物の修理を受け付けています